圧着ハガキならコストを抑えて広告を打つことができる

SITEMAP

郵便ハガキ

他の広告郵便に比べて利点が大きい圧着ハガキ

DM

郵便物として届けられるダイレクトメールには、現在ハガキや封書、圧着ハガキといった3種類が主に使用されています。それぞれに特徴がありますが、中でもオススメしたいのが圧着ハガキです。圧着ハガキは端的に言って、ハガキと封書の良いところを取っている広告郵便と言えます。そもそもハガキの良さはコストの安さにあります。サイズが小さいので印刷費用も安く、郵送費も格安です。しかしその一方で載せる情報が非常に限られてしまい、宛名面を除けばほぼ片側一面分しか使えません。その点圧着ハガキは接着剤で何枚か紙を重ねて貼る事で一枚のハガキの形にしてあるので、それぞれの用紙ごとに情報を載せればハガキ数枚分と同程度の情報量になります。それでいて郵送費はハガキと同様です。一方封書は情報量が多い事と共に中に何が入っているのか確認したいという人間の心理をついて開封させやすい利点がありますが、その一方でコストがかかります。圧着ハガキは手元に届いた後で重なってる部分を剥がす事で中を確認できます。そのため封書と同様に顧客の好奇心を刺激します。さらに製造コストの面でも封書より格安です。このように圧着ハガキは他のダイレクトメールに比べて利点が大きいです。作成は専門業者に依頼すればすぐ作ってもらえるので是非活用してみましょう。

ダイレクトメールには圧着ハガキがお勧めです

インターネットを通じて企業やお店の宣伝をする方法はコストや管理のしやすさがメリットですが、送られた側のレスポンスというのは必ずしも高くありません。その点広告郵便を用いたダイレクトメールは目に留まる可能性が高いですし、現物としてそこにあるという存在感から印象にも残りやすいメリットがあります。中でも圧着ハガキと呼ばれるタイプの広告郵便はメリットが大きくお勧めです。圧着ハガキは開封する前はハガキサイズですが、開封すればハガキ2枚から3枚分くらいの大きさになります。ハガキよりたくさん広告を載せられますし、送る際には畳んでハガキとして郵送できるので郵送コストを抑えられます。また中身が見れないと好奇心を刺激されて開けてみたくなるという心理が働くので、中を見てもらいやすいという利点もあります。開封前は強力に接着しているので気密性も高く、プライベートな情報でも記載しやすいので、契約内容や明細など人に見られたくない内容を送る際にも適しています。便利な一方作成するのは難しそうに感じるかもしれませんが、作成は専門業者に依頼するだけなので特に手間はかからず好きな時に好きなだけ作れるので、ダイレクトメールで広告を出したい方は是非圧着ハガキを活用してみましょう。

圧着ハガキを広告郵便に活用してレスポンス率をあげよう

サービスを提供している企業はじめ、商品や製品を販売している企業の場合、宣伝活動に力を入れていく必要があります。新しいサービスや新発売商品の告知、キャンペーンやイベントのお知らせ、セール情報など宣伝情報を発信して売上の拡大に繋げることが重要です。発信方法は様々ありますが、会員や購入履歴がある方などへのアプローチは宣伝効果が高く、ダイレクトメールという広告郵便が広く利用されています。
しかし、従来のスタイルである封書のダイレクトメールの場合、開封せずに捨てられることも少なくないようです。残念ながらレスポンス率においては、満足できる効果が得られないこともあります。そこでレスポンス率のアップが期待できる広告郵便として、圧着ハガキに注目が集まっています。多くの方が既に圧着ハガキが届いた経験があると思われますが、気になってハガキをめくって中を見たのではないでしょうか。このめくる仕組みこそ、開封率とレスポンス率のアップが期待できる圧着ハガキのメリットです。さらにハガキサイズでたくさんの情報を発信できることも、郵送費の削減に役立ちます。圧着ハガキの作成は専門業者に依頼するとデザインから印刷、そして圧着の作業までトータルで行ってもらえます。

contents menu

TOP